配管トラブルで水道修理を行う

家の中の水回りでよく発生するのは、配管の水漏れや詰まりといったトラブルです。自分でチェックできる部分かどうか見ておきます。業者に修理を依頼しますが、正確に状況を伝えられるようにしておくと、修理がスムーズに進みます。

■水漏れが起こったら

配管からの水漏れの原因は色々です。主に経年劣化によるものが多いといえます。水を使っていてもあまり意識する場所ではないので、トラブルが起こってからはじめて気づくことが多いです。水漏れがどこから起こっているか、目視で確認できるようなら確かめます。水道配管を接続しているボルト部や止水栓とつながれている接続部から水が落ちているようなら、パッキンの劣化やボルトのゆるみが考えられます。
屋外に設置されているものなら、長年使用しているためにサビや劣化が生じていることがあります。そこから水漏れが少しずつ発生しているかもしれません。

■配管で詰まりが起こったら

配管は見えない場所にあるため、詰まりが分かりにくい部分です。流していけないもの、溶けない固形のものを流してしまい、配管のある場所で止まってしまっていることが考えられます。
多くの配管がU字型やS字型になっているので、カーブしているところでとまってしまい、水の流れが悪くなっていることがあります。


■まとめ
配管の詰まりや水漏れは、自分ではなかなか気づきにくい部分です。周辺の状況や水漏れの位置をよく見て、水道修理の依頼をする際に状況を正確に伝えるようにします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ