詰まりが起こって水道修理を依頼する前に

家の中で水を使う場所はたくさんありますが、排水管 水漏れが起こったり、詰まりが発生した時に自分でチェックできることがあります。それでも直らない場合は、水道修理を検討します。

■日ごろから気を付けること

流してはいけないもの、詰まりやすいものを気づかずに流してしまっていることはよくあります。洗面所やお風呂場などでは、無意識のうちに髪の毛が流れてしまうものです。細かい網目のついたネットなどを排水部において、髪の毛などのごみを時々取るようにすると安心です。
トイレにはおむつ、生理用ナプキンなどトイレットペーパー以外のものを流さないように気を付けます。子供がいる場合など、誤っておもちゃなどの硬いモノを落としてしまわないよう気を配っておくと良いです。

■日ごろからできる掃除

洗面所やお風呂場で多少の髪の毛が流れてしまうのは仕方ないので、時々時間を取って掃除をすることが大切です。家族が洗面所を使わない時間帯を選んで、パイプクリーナーなどの強力な薬剤を使うのも方法の一つです。しばらく放っておいてから流すと、髪の毛が溶けて水がまたスムーズに流れるようになります。
トイレがスムーズに流れにくくなった、と思ったら普通の掃除だけではなく、ラバーカップを使ってトイレの水を勢いよく引き上げてみましょう。何度か行うと状態が改善されてまた水が流れるようになります。

■まとめ
水道修理を行ってもらう前に、日ごろの水回りの使い方について、家族一人ひとりが気を付けることが大切です。詰まりやすいものを流さないよう対策を行い、時々時間をかけて掃除を行います。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ